VIVIMOL オビツ系ボディへの首穴装着の仕方

オビツ系首軸(オビツボディ、パラボボディ等)であれば、パーツにはめ込み直すだけである程度しっかり固定できます。

 

オビツ系首軸に装着する場合、ヘッド側は6㎜の穴をあけておいてください。

 

精密ドライバーを準備しておいてください。

 

 

ボディ側の首軸を引っ張り出します。

 

引っこ抜いて裏から見えるねじを外します。

 

ばらすとこんな感じです。ヘッドに厚みがあり干渉するので、一番左のパーツは使用しません。

 

写真のように挟み込む形でねじを締めます。

ヘッド内部側から、スプリング部分を押さえながら締めるのがコツです。

 

きちんとねじが締まったのを確認して、ボディに差し込んで完成です。

 

左:削り前 右:削り後

画像のパーツの上部分を、中の玉が飛び出ない程度に削ると可動域が増えていい感じです。(*'▽')

 

 

 

 

その他、おすすめの装着法や似合うボディなどありましたらぜひぜひ教えてくださいませ~!('ω')ノ